給与と給料の違い

何気なく使っている「給与」と「給料」 その違いは?

「給与」とは、給料や賞与など勤務に対する対価の総称です。

税務上では「給与所得」として、俸給、給料、賃金、歳費及び賞与並びにこれらの性質を有する給与に関わる所得をいう、と定義されています。(所得税法28条)

一方給料は給与のうち諸手当を除いた部分をいい基本給部分となります。
つまり給料は給与の一部となります。

コラムの最新記事

お問い合わせ
お電話でのお問合せも受付中0800-800-0557
無料ニュースレター
配信中!
専門家より
知っておくと得する最新経営&経理&税制の
情報をお届けします
経営者向け
実務者向け
とご用意しております。
バックナンバー