署名と記名押印の違い

署名と記名押印の違い

契約書にサインする時や、総務の方ですと役所へ届け出る書類等に「署名または記名押印」となっていることを良く目にすると思います。では、この違いはどういったものでしょうか。

署名と記名の違いは?

署名は、本人が自筆で自己の名前を手書きすることをいいます。

記名はゴム印を押したものや、印刷されたものなど、自署以外の方法で名前を記すことをいいます。

他人の代筆も記名となります。

有効性などの違いは?

署名は、本人が手書きしたものですので筆跡を残すことができるという面で、証拠としてきわめて有効な手段となります。

これに対し記名は本人の筆跡が残らないため、署名よりも証拠能力が劣ります。

ただし、記名に押印を添えることで、署名と同じ効力をもつとされています。つまり署名=記名+押印(捺印)です。
しかしながら、実務的には記名押印と署名では署名の方が証拠能力が高いとされています。

実務的に、証拠能力が高いとされているのは、

1.「署名+押印(捺印)」

2.「署名のみ」

3.「記名+押印(捺印)」

4.「記名のみ」証拠能力以前に効力が無い

書類の重要性等により選択することが必要となります。

コラムの最新記事

お問い合わせ
お電話でのお問合せも受付中0800-800-0557
無料ニュースレター
配信中!
専門家より
知っておくと得する最新経営&経理&税制の
情報をお届けします
経営者向け
実務者向け
とご用意しております。
バックナンバー