食事の支給は給与課税?

従業員への食事代の支給要件はご存知ですか?

従業員への食事代の支給 給与として課税されないようにするには

原則として食事代名目の金品等は給与として課税されますが次の条件をどちらも満たしていれば給与課税の取り扱いは受けません

(1)本人が食事代の半額以上を負担 
            “かつ” 
(2)会社負担額が月額3,500円(税抜)以下    であること

※(1)(2)両方満たしていないと課税となります。

例)1ヶ月あたりの食事代が5,000円で役員や使用人の負担額が2,000円の場合
上記(1)を満たしていないので 5,000円―2,000円=3,000円が給与として課税されます。

コラムの最新記事

お問い合わせ
お電話でのお問合せも受付中0800-800-0557
無料ニュースレター
配信中!
専門家より
知っておくと得する最新経営&経理&税制の
情報をお届けします
経営者向け
実務者向け
とご用意しております。
バックナンバー