医療費控除の計算

個人の確定申告の医療費控除の対象の金額は、10万円超だけと思っていますか?

簡単に言いますと所得金額の5%を超える金額で計算した結果が10万円を超える場合は、10万円という規定なんです。

つまり、所得金額が200万円以上の人は、10万円を超えて200万円までが上限の控除額となります。
一方、所得金額が200万円以下の人は、例えば、100万円でしたら5万円超の医療費が控除の対象になりますので、医療費の合計が少ないからといって控除できないとは限らないので、確定申告の計算をして所得金額が決まるまでは、医療費の領収書は、保管しておきましょう。

コラムの最新記事

お問い合わせ
お電話でのお問合せも受付中0800-800-0557
無料ニュースレター
配信中!
専門家より
知っておくと得する最新経営&経理&税制の
情報をお届けします
経営者向け
実務者向け
とご用意しております。
バックナンバー