接待飲食費 | 品川 経理・記帳代行サービス

接待飲食費

交際費等とは

「交際費等」とは、交際費、接待費、機密費、その他の費用で法人がその得意先、仕入先その他事業に関係ある者等に対する接待、供応、慰安、贈答その他これらに類する行為のために支出するものをいう、とされています。

交際費等の損金不算入制度

交際費等の損金不算入制度を理解する上では、交際費等を、①1人当たり5,000円以下の接待飲食費(社内接待飲食費を除く)、②1人当たり5,000円超の接待飲食費(社内接待飲食費を除く)、③社内接待飲食費及び④その他に4区分して理解することが有用です。

イ.1人当たり5,000円以下の(接待)飲食費
①1人当たり5,000円以下の飲食費(税務上、あえて「飲食費」と定義しています)は、交際費等から除外され、一定の要件を満たした場合には、損金算入できます。

ロ.接待飲食費の50%損金算入制度
②1人当たり5,000円超の接待飲食費(一定の要件あり)の50%相当額を損金算入することができます。

ハ.中小法人の特例
中小法人は、定額控除特例制度として、年間800万円までの交際費等(②、③及び④の全てが対象)を損金算入できます。従って、中小法人は、ロ又は定額控除特例制度を有利選択できます。

1人当たり5,000円以下の(接待)飲食費の要件

帳簿及び書類に次に掲げる事項が記載されている必要があります。

・当該飲食費に係る飲食等のあった年月日
・当該飲食費に係る飲食等に参加した得意先、仕入先、その他事業に関係ある者等の氏名又は名称及びその関係
・当該飲食費に係る飲食等に参加した者の数
・当該飲食費の額並びにその飲食店、料理店等の名称及びその所在地
・その他飲食費であることを明らかにするために必要な事項

飲食費5,000円基準と不正

税務調査は、参加人数の水増しによる不正計算等の把握に努めているようです。ご注意を!

掲載年月:2018年9月

 


当社のホームページに掲載された内容は正確性の確保に努めてはおりますが、閲覧者がスムーズに理解しやすいように簡潔な記述で説明及び解説をしている箇所がございます。 
また、提供している情報に関して、いかなる保証もするものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切の責任を負わないものとします。 
当サイトのご利用は、すべてご自身の責任において行っていただくようお願いいたします。

実務者向けニュースレター~@time~の最新記事

お問い合わせ
お電話でのお問合せも受付中0800-800-0557
無料ニュースレター
配信中!
専門家より
知っておくと得する最新経営&経理&税制の
情報をお届けします
経営者向け
実務者向け
とご用意しております。
バックナンバー